PR

手術なしで性別変更!広島高裁、認める画期的な決定

※アフィリエイト広告を利用しています

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

広島高裁は、性同一性障害と診断された当事者に対して、外観手術を受けずに戸籍上の性別を男性から女性に変更することを認める決定を下しました。この決定は、性同一性障害特例法で定められている外観手術の要件に対して異議を唱えるものであり、極めて異例のケースです。

 

スポンサーリンク

最高裁の違憲判断と差し戻し審理

このケースの背景には、昨年10月に最高裁が示した違憲判断があります。最高裁は、性同一性障害特例法における生殖不能要件が憲法に違反すると判断しました。しかし、外観要件については高裁に差し戻され、再審理が行われました。

 

スポンサーリンク

高裁の決定内容

広島高裁は、外観の手術要件について「手術を受けるか、性自認に従った法的扱いを受けるかの二者択一を迫ることは過剰な制約であり、憲法違反の疑いがある」と指摘しました。その上で、「手術が行われていない場合でも、他者の目に触れたときに特段の疑問を感じさせない状態であれば、要件は満たされる」との解釈を示しました。このため、当事者のホルモン治療による身体的変化を考慮し、性別変更を認めました。

 

スポンサーリンク

当事者の反応とコメント

性別変更が認められた当事者は、弁護士を通じて「物心ついたときからの願いがやっとかなった。生きづらさから解放されることを大変うれしく思う」とのコメントを発表しました。また、これまで支えてくれた人々に感謝の意を表しました。

 

スポンサーリンク

性別変更の要件をめぐる動き

性同一性障害特例法は2004年に施行され、戸籍上の性別変更には厳しい要件が定められています。これには、専門的な医師からの診断、18歳以上であること、未婚であること、未成年の子供がいないこと、そして変更後の性別の性器に似た外観を備えるための手術を受けることが含まれます。

昨年の最高裁判決以降、生殖機能の手術が不要となるケースが相次いでいますが、外観手術の要件については明確な統一見解が示されていませんでした。今回の広島高裁の決定は、外観手術を受けなくても性別変更が可能であることを示す重要な判例となります。

 

スポンサーリンク

性別変更に関する今後の法改正の動き

性別変更の要件を巡っては、法務省が最高裁の違憲判断を受けて法改正の検討を進めています。公明党は、手術要件の見直しを含む法改正の見解をまとめており、今後の秋の臨時国会で法改正を目指す動きがあることが報じられています。

 

スポンサーリンク

まとめ

広島高裁の今回の決定は、性同一性障害を持つ当事者に対する法的な扱いにおいて大きな進展を示しています。手術を受けずに性別変更が認められるという判例は、今後の法改正や社会的な認識に影響を与えることでしょう。性同一性障害を持つ人々がより生きやすい社会を実現するために、このような判例が増えていくことが期待されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました