PR

映画「キングダム 運命の炎」ネタバレ・あらすじ!ラストの意味と続編に繋がる伏線

※アフィリエイト広告を利用しています

映画「キングダム 運命の炎」ネタバレ・あらすじ!ラストの意味と続編に繋がる伏線 映画ネタバレ・感想
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

映画「キングダム 運命の炎」は、中国春秋戦国時代の乱世を圧倒的スケールで描くシリーズ第3弾。

「なぜ、中華統一を目指すのか」というテーマで描かれる「馬陽の戦い」と「紫夏編」。

山崎賢人、吉沢亮、大沢たかおに加え、片岡愛之助、山田裕貴が新たに参加しています。

そこで今回の記事では、映画「キングダム 運命の炎」ネタバレ・あらすじ!ラストの意味と続編に繋がる伏線について解説します。

それでは最後までお読みください(^▽^)/

業界最大級200万人が利用!

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

>>無料で「エスケープ・ルーム」 を見る<<

映画違法サイト一覧

 

スポンサーリンク

映画「キングダム 運命の炎」解説

  • 信:山﨑賢人
  • エイ政/漂:吉沢亮
  • 河了貂:橋本環奈
  • 羌カイ:清野菜名
  • 壁:満島真之介
  • 尾平:岡山天音
  • 尾到:三浦貴大
  • 楊端和:長澤まさみ
  • 紫夏:杏
  • 万極:山田裕貴
  • ホウ煖:吉川晃司
  • 昌文君:高嶋政宏
  • 騰:要潤
  • 肆氏:加藤雅也
  • 蒙武:平山祐介
  • 道剣:杉本哲太
  • 干央:高橋光臣
  • 趙荘:山本耕史
  • 馮忌:片岡愛之助
  • 昌平君:玉木宏
  • 呂不韋:佐藤浩市
  • 李牧:小栗旬
  • 王騎:大沢たかお

スタッフ

  • 監督:佐藤信介
  • 原作:原泰久
  • 音楽:やまだ豊
スポンサーリンク

映画「キングダム 運命の炎」ネタバレ・あらすじ

映画「キングダム 運命の炎」のネタバレを含んだあらすじを紹介します。

 

時は紀元前

春秋戦国時代後期の中国、7つの国が中華統一をめざし500年にわたる争いを続けていた。

若き戦士・信は、秦国軍に所属し、天下の大将軍を夢見ていた。

蛇甘平原の戦いで初陣を飾り、“百人将”への昇進を果たした彼は、伝説の大将軍である秦国六大将軍のひとり・王騎に修行を申し出た。

王騎は、部族同士の争いが絶えない荒野の地の平定を信に課し、期待に応えて抗争を収めた信は、王騎の尊敬を勝ち取った。

中華統一を目指す若き王・嬴政は、忠臣・昌文君から信の成長を期待する声を聞かされ、信が必ず大きくなって戻ってくると確信した。

 

 

紀元前224年

秦国の国境の町・関水に、隣国の趙軍が10万を超える大軍を率いて侵攻してきた。

秦国は折しも韓に大軍を派兵しており、現地に駆けつけられる戦力はなかった。

趙軍の副将である軍師・馮忌は関水を陥落させ、副将・万極は関水の民を老若男女問わず虐殺した。

趙国は、かつて秦国軍が降伏した際に40万の捕虜を虐殺したことに対する恨みを抱いていた。

咸陽の秦国王都では、若き王・嬴政が丞相・呂不韋や“呂氏四柱”の一人である秦国軍総司令官・昌平君と猛将・蒙武を召集して軍議を開催しました。

しかし、昌文君は呂不韋の野心を警戒し、彼が秦国の実権を握ろうとする様子に不安を感じていました。

 

徴兵令

呂不韋は緊急の徴兵令を発し、8万の兵士が集まりましたが、彼らの多くは戦闘経験のない農民でした。

蒙武を総大将に推す呂不韋に対し、昌文君は守備力に不安を抱き、過去に実績のあるが戦場から遠ざかっていた王騎を支持しました。

王騎は副官・騰と信を連れて軍議に参加しましたが、蒙武は彼を過去の人間と見なし、王騎を軽んじました

軍議は王騎を総大将とする方針でまとまり、蒙武は不満を抱えながら去っていきました。

王騎は全員に退室を命じ、嬴政と密談を行うことにしました。

物陰から彼らの会話を盗み聞きする信。嬴政が中華統一を目指す理由を問われると、彼は“ある人”との約束を告白しました。

 

7年前

7年前、秦国の先代王・子楚と趙姫の間に生まれた若き日の嬴政は、趙国の邯鄲で人質として過ごしていました。

しかし、長平の大虐殺で趙国の民から恐ろしい暴力を受け、心に深い傷を負っていました。

この頃、秦国では昭王が崩御し、その子である安国君が新王として即位しました。

嬴政の父である子楚は呂不韋の助けを借りて、安国君の後継者として秦国に戻りました。

趙王による嬴政の暗殺の危険が迫る中、秦国は分官の道剣を派遣し、嬴政を脱出させる計画を実行しました。

道剣は闇商人の紫夏とその仲間・亜門と協力し、嬴政を馬車に隠して邯鄲から脱出させました。

途中、嬴政は趙兵の矢に手を負傷しましたが、一行は趙国の関門を突破しました。

しかし、暴力によって傷つき、心に深い傷を負った嬴政は自らの運命を疑い、途中で馬車から逃げ出してしまいました。

紫夏は嬴政を抱きしめ、彼に自分が彼の五感の代わりになることを約束しました。

しかし、嬴政の脱出計画は趙国側に既に漏れており、嬴政一行は趙国軍の騎馬隊に襲われました。

道剣と亜門は討たれ、紫夏は嬴政を守るために奮闘しました。

激しい攻撃を受けながらも、ようやく秦国軍との合流地点に到達しました。

秦国軍に保護された嬴政でしたが、全身に矢や槍が突き刺さった紫夏は息絶え、嬴政は紫夏の言葉を胸に抱きながら、彼らの犠牲を忘れずに進む決意を固めました。

 

中華統一

嬴政は王騎に対し、紫夏たちの犠牲を無駄にしないため、中華統一を果たして戦乱を終わらせる決意を告げました。

王騎は嬴政の強い覚悟を受け止め、総大将の任を引き受けました。

そして、かつて昭王から受け継いだ「伝言」について語り始めました。

王騎を総大将とし、蒙武を副将とする秦国軍8万が趙国軍の待つ馬陽へ向けて進軍を開始しました。

信は、共に修行を積んだ渕と伝説の暗殺一族“蚩尤”の羌瘣を副将に任命しました。

また、信と同じ故郷の尾平と尾到の兄弟、戦場で経験豊富な伍長・澤圭、蛇甘平原の戦いを生き残った百戦錬磨の沛浪、そして腕っぷしの強い大男・竜川など、荒くれ者や強者たちを集めて、王騎直属の特殊部隊を編成しました。

 

飛信隊

秦国軍が馬陽に到着すると、王騎軍は干央率いる左軍1万、王騎と蒙武率いる中央軍4万、鱗坊率いる右軍に分かれて趙国軍と対峙しました。

趙国軍も馮忌率いる左軍2万、趙荘の代理として中央軍2万、そして万極率いる右軍4万と布陣しました。

戦闘が始まると、蒙武の軍が先陣を切り、趙国軍の守りを力で打ち破っていきました。

信の百人隊は王騎から奇襲作戦の任務を与えられました。

彼らは両軍が交戦する側面から攻撃を仕掛け、馮忌の首を狙うこととなりました。

この特殊部隊には、“飛信隊”という名が与えられました。飛信隊は秦左軍と秦中央軍の間にそびえる険しい岩山に登り、信は寄せ集めの隊士たちを激励し続けました。

戦況は秦左軍が趙右軍を押す展開で進み、馮忌率いる趙右軍は退却を始めました。

昌文君の副官であり、秦国軍の千人将である壁は趙右軍の動きに不信感を抱きながらも、干央を止めるように求めます。

しかし、干央は趙国軍の撤退を確信し、進撃を続けました。

しかし、これは馮忌の罠であり、秦左軍は趙右軍に挟み込まれることとなりました。

 

勝利を宣言

飛信隊は趙右軍の注目が秦左軍に向けられる一瞬の隙をつき、隊を二手に分けて馮忌の本陣に攻め入る作戦を立てました。

渕や澤圭らの主力部隊が岩山の麓の敵兵を引きつける間、信や羌瘣、竜川、沛浪、尾平、尾到などの30名の精鋭たちは馮忌の本陣へと突撃していきました。

馮忌はまさかの農民兵の奇襲を受け、自らが王騎の策略にはまったことに気付きました

。王騎は長距離戦には強いが接近戦には弱いと見抜いており、趙右軍が秦左軍に集中している間に攻撃する隙が生まれると確信していました。

飛信隊の仲間たちは信と羌瘣に先行させ、信は羌瘣の助けを得て馮忌を討ち取ることに成功しました。

秦国軍は勝利を宣言し、趙国軍は戦意を喪失して撤退を開始しました。蒙武は追撃を試みましたが、王騎はそれを明日に回すよう命じ、深入りしないよう警告しました。

 

因縁の宿敵

戦いの様子を秦国の幹部候補生である蒙毅と河了貂が丘の上から見守っていました。

すると、そこに李牧と名乗る男が部下のカイネを連れて現れ、「一緒に見物をしよう」と声をかけてきました。

飛信隊は31名の戦死者を出しながらも大きな戦功を立て、信は部隊を率いる責任の重大さを改めて痛感しました。

彼は何度でも戦功を挙げ、飛信隊の名を中華中に轟かせる決意を新たにしました。

その夜、飛信隊の野営地に突如現れた大きな矛を持った男が兵士たちを次々に倒していきました。

信と羌瘣は男と対峙しましたが、全く歯が立たず、男は自らを武神・龐煖と名乗りました。

この龐煖こそが趙国軍の総大将であり、その存在は秦国の宮廷にも伝えられました。

かつて伝説の六代将軍・摎を倒した龐煖は9年前に王騎によって倒されたはずであり、昌文君は王騎が総大将を引き受けたのは因縁の宿敵である龐煖が生きていることを知り、決着をつけるためではないかと考えました。

 

騎馬民族が全滅

山の民の王・楊端和は勇猛果敢なはずの騎馬民族が何者かに全滅させられた光景を目の当たりにしていました。

 

スポンサーリンク

映画「キングダム 運命の炎」ラストの意味と続編に繋がる伏線

「キングダム 運命の炎」のラストでは、登場人物たちが新たな展開に向けて動き出す様子が描かれています。

特に、龐煖という謎の強敵の登場が注目されます。

龐煖はかつて伝説的な六代将軍・摎を倒したことで知られ、王騎によって倒されたはずの存在ですが、実際には生きていたことが明らかになります。

彼の登場は、物語に新たな緊張感と興味深さを与えると同時に、物語がまだ終わっていないことを示唆しています。

この伏線が次回作への続編につながる可能性が高いです。

龐煖という強力な敵が再び舞台に登場したことで、主人公たちが彼との対決に臨む姿や、彼との関係が明らかにされることが期待されます。

また、これまでの物語の流れや登場人物の成長に基づいて、より複雑でスリリングなストーリーラインが展開される可能性もあります。

 

スポンサーリンク

映画「エスケープ・ルーム」」が見れる動画配信サービス

映画「エスケープ・ルーム」」が見れる動画配信サービスなら、U-NEXTを利用するのがおすすめです。

今なら無料トライアル実施中なので、無料で「エスケープ・ルーム」」を見ることができます。

また、U-NEXTは、無料登録時に600ポイントが付与され、このポイントで漫画を読んだり、有料動画を見ることもできます。

  • 31日間無料トライアルあり!期間内に解約したら0円
  • 作品数は見放題作品14万本+レンタル作品3万本の合計17万本
  • 新作映画や新作映画をいち早く配信
  • 70誌以上の雑誌読み放題&42万冊以上の電子書籍をポイント購入
  • 毎月1,200ポイント(現金1,200円分)をプレゼント

「エスケープ・ルーム」」を観たい人には、動画配信サービスU-NEXTをお勧めします。

月額料が高いのが気になりますが、毎月1200ポイントもらえるのでそれを使えばお金はかかりませんし、追加料金不要の見放題作品の映画もたくさんあるので、映画好きな人にもピッタリです。

最近では独占配信している映画も増えてきて、U-NEXTは映画に力を入れてきています。

31日間以内に解約すれば完全無料なので、映画を観たい人はぜひU-NEXTの無料トライアルに登録してみてください。

U-NEXTの無料トライアル

「キングダム」ネタバレ
「キングダム2 遥かなる大地へ」ネタバレ
「キングダム 運命の炎」ネタバレ

 

スポンサーリンク

まとめ


今回の記事では、映画「エスケープ・ルーム」」ネタバレを解説しました。

映画「キングダム 運命の炎」は、中国春秋戦国時代の乱世を圧倒的スケールで描くシリーズ第3弾。

「なぜ、中華統一を目指すのか」というテーマで描かれる「馬陽の戦い」と「紫夏編」。

山崎賢人、吉沢亮、大沢たかおに加え、片岡愛之助、山田裕貴が新たに参加しています。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^^

 

業界最大級200万人が利用!

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

>>無料トライアルに登録する<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました